秋の家庭菜園で気を付けること

秋の家庭菜園で気を付けること

秋の家庭菜園で気を付けること

秋には、夏野菜の種を収穫します。

初めての家庭菜園なら苗から育てるのが簡単ですが、2年目は自分で収穫した種から作ってみるのも良いかもしれません。

種は良く洗って乾燥させ、封筒などに入れて保管します。

この時にきちんと野菜の種類を明記しておかないと、翌年に植えた時に「違うものが出てきた!」なんていうことが起きてしまいます。

また「ヘチマ水」もこの時期にとります。

夏野菜の中には、秋になっても実を付け続ける株も少なくありません。

夏野菜の代表のゴーヤでも、10月頃まで実をつけることがあります。

そのような野菜は、秋になったからと切らずに、大事に育てましょう。

秋に植え付けをするのはホウレンソウやチンゲンサイなどの冬に収穫する葉野菜。

また、冬キャベツも9月~10月頃に苗を植えます。

パセリも、秋の初めに植えれば冬の間はずっと収穫が可能です。

この時期を逃すと、しばらくは植えられる野菜が少なくなります。

冬の収穫の楽しみのため、しっかり準備しておきましょう。

秋に収穫するのはサツマイモやサトイモ。

秋ならではの味覚で、料理をするのも楽しみな野菜です。

晩秋にはダイコンやカブも収穫できるようになります。

秋の野菜には、夏野菜とはまた違う味わいがありますよね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional