家庭菜園の害虫対策と農薬

家庭菜園の害虫対策と農薬

家庭菜園の害虫対策と農薬

家庭菜園をしていると、さまざまな「招かざる客」がやってきます。

そうです、害虫です。

アブラナ科の野菜にはアブラムシやアオムシ。

トマトにはテントウムシダマシ、ウリ科の植物にはウリハムシという害虫がつきます。

一方で、害虫の天敵となる生き物もいます。

アブラムシにはテントウムシ、アオムシにはカエルやカマキリが天敵です。

もし、これらの生き物を見つけたら、ぜひ我が家の畑に来てもらいましょう。

捕まえて菜園に放せば、害虫を食べてくれるかもしれません。

害虫を防ぐには、丈夫な苗を作ることが大切です。

連作を避け、しっかりと土づくりをした所へ植えましょう。

また、寒冷紗というカバーをかけて、苗を害虫から防ぐのも効果的です。

もし害虫がついてしまったら、まずは手で取って駆除しましょう。

ハムシ類は、動きの鈍くなる朝や夕方に退治します。

やむを得ず農薬を使う場合も、できるだけ最低限にしたいですよね。

農薬は、ラベルに書かれた濃度や散布回数をよく読み、マスク、手袋を着用してから使用してください。

また、人体に害のない成分でできた農薬や、木酢液、ニンニク液などで害虫対策をする方法もあります。

せっかくの家庭菜園です。

自分に合った方法を探してみてください。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional