家庭菜園でバジルを作る

家庭菜園でバジルを作る

家庭菜園でバジルを作る

ハーブの香るお庭やベランダ。

素敵ですよね。

料理のアクセントに少しハーブを使うだけで、ぐっと高級感が出ることもあります。

小さなスペースで作れて丈夫なものが多いハーブは、家庭菜園初心者でも失敗が少ないですよ。

家庭菜園で人気が高いのはバジルです。

種まきは4月の中旬。

肥料を混ぜ込んだ土にスジまきをします。

土の表面に等間隔で穴を開け、そこへ5~6粒ずつ種を入れる「点まき」という方法でも大丈夫です。

芽が出てきたら、間引きをします。

本葉が6~7枚になる頃には、株と株の間が30センチくらい空くように、丈夫なものを残して間引きを繰り返します。

間引きの後には、追肥と土寄せをしてください。

もちろん、間引いたものは料理に使えますよ。

間引きが終わってからも、1か月ごとに追肥と土寄せを繰りかえしていくと、みるみる成長します。

丈が20センチくらいになったら収穫開始です。

必要な分だけ、葉を手やハサミで摘み取って使います。

夏の終わりには花が咲き、種も収穫できます。

保存しておけば、翌年も楽しめますね。

収穫できる期間が長く、次々と新しい葉が出てくるので、ドライハーブなどにするのも良いでしょう。

家庭菜園の「収穫の楽しみ」を存分に味わえるハーブです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional