家庭菜園でネギ・ニラを作る

家庭菜園でネギ・ニラを作る

家庭菜園でネギ・ニラを作る 

ネギには春まきと秋まきがあります。

短い期間で収穫できる春まきの方が、家庭菜園にはおすすめです。

種から育てる場合、3月の半ば頃に種まきをします。

1~2センチの間隔でまき、発芽したら間引きをします。

7月になったら、育った苗を植え付けます。

初心者は、市販の苗を利用しても良いでしょう。

畝を深さ10センチくらい掘り、苗を立て掛けるようにして植えていきます。

根基に腐葉土をかけ、1か月ほどしたら土寄せと追肥をします。

土寄せと追肥は、1か月おきくらいで繰り返し行ってください。

成長すると、「ネギ坊主」と呼ばれる花がつきます。

そのままにしておくと大きくなるのを妨げてしまうので、取ってください。

味噌汁や天ぷらにして、おいしく食べられますよ。

収穫は植え付けから150日くらい、12月頃から可能です。

株の周りを掘り、白い部分が見えたら手で引き抜きます。

ネギより簡単なのが、ニラです。

プランターに種をまいて20センチくらいまで育て、畑に植えます。

深めに植え付け、繰り返し土寄せをしながら株を大きくします。

ニラは多年草なので、一度植えると数年間にわたって収穫ができます。

ネギと並んで料理の名脇役となってくれる野菜です。

畑の片隅に植えておくと重宝しますよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional