家庭菜園でトマト・ミニトマトを作る

家庭菜園でトマト・ミニトマトを作る

家庭菜園でトマト・ミニトマトを作る

トマトも家庭菜園では人気の野菜です。

湿度を嫌う野菜なので、水はけのよい環境で育ててください。

苗は5月上旬ごろに植え付けをします。

高さ30センチくらいになったものを植えます。

斜めに倒して植えると、茎の部分からも根が出て、養分を吸収しやすくなります。

支柱は植え付けと同時に立てます。

二つの畝をまたぐように、合掌型にして、交差した先端を止めます。

さらに、交差した部分にポールを渡してヒモで固定します。

苗の茎は、支柱とヒモで結びます。

伸びてきたら、その部分も支柱と結ぶことで、支柱に沿って成長していきます。

脇芽は取り、一本の茎を長く伸ばしていきます。

追肥は、実がつき始めたら行います。

もし手に入れば、根元にワラを敷いておくと、水分を程よく保つことが出来ます。

トマトで注意したい害虫は、テントウムシダマシとアブラムシ。

テントウムシダマシはジャガイモにも付くので、近くに植えるとジャガイモから移動してくる可能性があります。

トマトの近くにはジャガイモを植えない方が良いでしょう。

アブラムシには、牛乳を薄めた液をスプレーすると効果があります。

お店で売られているトマトは、青いうちに収穫するそうです。

畑で完熟したトマトが食べられるのは、家庭菜園の特権ですね!

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional