家庭菜園でキャベツを作る

家庭菜園でキャベツを作る

家庭菜園でキャベツを作る

キャベツは、家庭菜園の中では比較的難易度の高い野菜です。

でも、あの大きな野菜が自分で作れたら感動ものですよね。

家庭菜園に慣れてきたにはぜひチャレンジしてほしい野菜です。

夏まきなら、初めてでも挑戦しやすいと思います。

種まきは、苗を育てるための「育苗箱」を使います。

種をスジまきにして、本葉が2枚出たらポットに移します。

本葉が5~6枚になったら、畑に植え付けます。

ポットごと吸水させた苗を植え、2週間後に追肥をします。

アオムシを防ぐために寒冷紗をかけると良いでしょう。

成長すると葉が巻き始め、あのキャベツの形になっていきます。

夏まきなら10月中旬ごろから収穫できるようになります。

白菜の場合は、秋に種まきをします。

育苗箱にスジまきをしてポットに移して育てます。

苗の時期は、特に害虫がつきやすいので、寒冷紗をかけてしっかり予防してください。

本葉が4~5枚で畑に植え付けます。

株同士は40センチくらい間隔をあけてください。

追肥は2週間後、20日後、さらにその2週間後の3回行います。

収穫は11月から可能になります。

頭が締まっているものから収穫していきます。

キャベツ、ハクサイ共に虫のつきやすい野菜ですが、葉が巻いてくれば大丈夫です。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional