家庭菜園でカブを作る

家庭菜園でカブを作る

家庭菜園でカブを作る

昔話では、何人もかかって収穫する大きなカブが出てきますね。

物語のように大きなものはつくれませんが、カブは家庭菜園で育てやすい野菜のひとつです。

春まき、秋まき、晩秋まきなどがありますが、おすすめは「秋まき」。

害虫の被害の少ない時期だからです。

堆肥と化成肥料をあらかじめ畑に混ぜ込んでおきます。

有機栽培の時には、化成肥料は入れずに種まきの後に鶏糞をまきます。

種まきは9月頃に行います。

畝に溝をつけて、スジまきをしてください。

本葉が1~2枚になったら、株同士の間隔が2~3センチになるように間引きしてください。

その後も間引きを繰り返して、本葉が5~6枚になる頃までに、株間を10~12センチにしてください。

肥料は、間引きの後に追加します。

収穫は種まきから45~50日と早いのも魅力です。

大きくなりすぎると割れてしまうので、小カブは直径5~6センチ、大カブなら10センチくらいで収穫してください。

気を付けたいのが、連作障害。

アブラナ科の野菜の後に植えると病気になりやすいので、要注意です。

カブの仲間でより簡単なのがラデッシュ。

小さなプランターでも作れて名前の通り20日くらいで収穫が可能です。

初めて家庭菜園に挑戦する人にぜひおすすめしたい野菜です。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional