家庭菜園でほうれん草・コマツナ・チンゲンサイを作る

家庭菜園でほうれん草・コマツナ・チンゲンサイを作る

家庭菜園でほうれん草・コマツナ・チンゲンサイを作る

毎日の食卓に欠かせない葉物野菜。

家庭菜園で育てていれば、とても便利です。

人気の3種のコツをまとめて紹介します。

ホウレンソウは、秋に種まきをするのが育てやすいでしょう。

種は畑に直接まきます。

畑には、堆肥を充分に入れてよく耕しておいてください。

ネギやタマネギなど、ユリ科の野菜の後の畑でつくると良いと言われています。

スジまきをして、上から堆肥か腐葉土をかけたら、クワで軽く押さえます。

苗が5センチくらいになったら追肥をします。

20~25センチになったら収穫してください。

コマツナも同じように畑に直接種をまいて育てます。

種まきの時期は、9月末から11月の初めごろまで。

成長が早く、種まきから3~4週間で収穫が可能です。

春まで植えておけば、花が咲いて種の収穫もできます。

チンゲンサイも同じく種を畑にまきます。

種まきは4月下旬~9月上旬と、長い期間可能です。

株同士の間隔が20センチくらいになるように間引きをしてください。

追肥は苗が10センチくらいの頃と、その2週間後の2回行います。

春から夏にかけては、害虫がつきやすいので注意が必要です。

寒冷紗でトンネルをつくり、その中で育てると安心でしょう。

収穫は種まきから40~50日で可能になります。

根元をはさみで切って収穫してください。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional