冬の家庭菜園で気を付けること

冬の家庭菜園で気を付けること

冬の家庭菜園で気を付けること

冬は、白菜やダイコン、ネギなどが収穫できます。

また、年が明けるころにはアブラナやフキノトウなどの、早春の味も楽しめるようになります。

冬に苗を植えることのできる野菜はあまりないので、この時期は室内で楽しめるスプラウトに挑戦してみるのも良いかもしれません。

モヤシやカイワレなど、おなじみの野菜がビンの中で作れます。

スプラウト以外にも、室内で気軽に楽しめるものはあります。

ネギの根の部分を水を入れたコップに挿しておけば、新しい葉が伸びてきて、繰り返し収穫できます。

人参やダイコンのヘタも、水を入れた小皿に載せれば、葉が伸びてきますよ。

また、冬の間に、翌年の生産計画も立ててしまいましょう。

野菜は、同じ土で同じ作物を続けて作ると「連作障害」が出ます。

土の中の栄養が偏り、うまく育たなくなるのです。

そのため、前年とは違う種類の作物を植えるようにします。

また、壊れてしまったり、古くなった道具をチェックして、買い替えておきましょう。

昨年とは違う野菜に挑戦したい場合には、下調べも必要です。

前年に失敗したこと、「こうすれば良かった」ということを思い出し、準備をしてみましょう。

暖かくなると、植え付けシーズンはすぐにやってきます。

しっかり準備しておけば、安心ですよね。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional